社会医療法人C病院様よりご依頼の施設竣工図製本の電子データを制作しました

社会医療法人C病院様より施設竣工図製本の電子データ化のご依頼を頂戴しました。

青焼きの観音製本でとても古く背が壊れ始めており、中の図面も色褪せと日焼けで劣化が激しく現状の状態で電子データ化しておかなければ更に劣化が進み図面内の文字や数字が読み取れなくなる事が想定されました。

今回、電子化させて頂きました製本は見開きA1/A2サイズでしたので、ヘッドアップスキャナーを使用し製本の背を破壊する事なく電子化致しました。

この機械は通常の製本を広げて見る感覚でスキャンできますので製本を傷めずスキャンする事が可能です。

このように電子データ化する事により、劣化から図面を守る事ができる事の他に製本を保管しておく為に確保されていたスペースを空ける事(省スペース化)ができますし、製本を取りに行く手間も省く事ができ時間を有効活用する事ができます。

サーバー内等にデータを保管しておけば見たい人が見たい時にいつでも検索/閲覧できる事も大きなメリットとして挙げられます。
スキャン ブックスキャン作業風景_ブログ用

                                                                                                         このように劣化防止、限られたスペースの有効活用や自然災害から原本を守るという考えから電子化を進めている企業様等が急速に増えております。

図面や資料の電子化を検討されている企業等のご担当者様で何か分からない事などがございましたら何でもご相談下さい。

電子化作業のプロが解決致します!!

  現物を確認させて頂きながらの打合せも可能ですのでまずはお気軽に御連絡下さい。

2022年7月に投稿したエビスの記事一覧

PAGE TOP

guidanceメールでのご相談・お見積りはこちら