【大学管理部門様】大学建屋建築図面一式の電子化業務

大学の多くは広大な敷地に数多くの建屋があり、
管理部門では設備管理として膨大な図面資料を抱えています。

歴史のある大学であればなおさら古い図面となり、その管理も大変です。

新旧の建築図面から増改築に至るまで、量も内容も膨大な資料管理を余儀なくされます。

勿論、青焼きや原図は経年劣化が著しい場合が多く、長期保存には大きなリスクが伴います。

その膨大な紙資料を電子化する事により近い将来の劣化や紛失などを未然に防ぎ、
図面本来の利便性やコンプライアンス問題を解決できます。

今回は長期保存用の画像データとして納入させて頂きました。

図面の電子化

 

 

2022年4月に投稿したエビスの記事一覧

PAGE TOP

guidance電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら