大判絵画のアーカイブデータを制作しました

今村建朗様から絵画の大判スキャン作業をご依頼頂きました。

絵画の個展を開くので装飾的な作品をポスターにして販売をお考えでした。

通常はA4サイズの絵は手持ちのデジカメ撮影でデータ化し、
ポストカードやCDジャケットサイズで印刷するだけで十分ですが、
今回はポスターサイズの印刷に堪える画像で取り込む事のできる
大型スキャナを、
設備している業者として当社にご来店頂きました。

今村様からお言葉を頂きました
 持ち帰ってデータを確認したところ、いずれもたいへん綺麗に写っており、これならば満足な印刷物が仕上がりそうです。直線部分のある絵だと、画角の端の方に生じる歪みも気になってしまいますし。そこで、大型のスキャナでこの手の取り込みをやっていただけるところを探してみたのですが、A1や1メートルクラスのスキャニングサービスを手軽に提供していただけるところはなかなかありません。大手のコピーサービスのお店ならばそれなりの機材もあるだろうと思って問い合わせもしてみましたが、あまりはかばかしい回答が得られません。そんな中でいろいろと検索してみてヒットしたのが御社で、A0までスキャンできるフラットベッドのスキャナをお持ちだということで伺いしました。さすがに自宅からは少々遠かったですが、当方の面倒なこだわりにも細かく親切に対応していただき、伺った甲斐がありました。
またお願いすることもあるかもしれませんが、その際はよろしくお願いします。」


大判スキャン 大判スキャン

当社のフラットベットスキャナ機(A0ノビサイズ1270㎜×920㎜)は、
ガラス面の上に原稿を置いてスキャンする方式なので、
原稿を傷めるリスクを最小限に抑えることができ書画や美術品、
貴重な文献などの電子化におすすめです。
ご要望がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

 

2020年7月に投稿したエビスの記事一覧

PAGE TOP

guidance電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら