連合栃木なす地協様機関紙No.29を制作しました

栃木県大田原市の連合栃木なす地協様からご依頼の、
機関紙No.29を制作しました。

記事を読ませて頂くと【2018平和広島集会】と、
戦争に関する記述があります。

広島での原爆被害ももう73年前の出来事なんですね。

戦争も大変な出来事ですが、
近年日本は「災害大国」の様相を呈しつつあります。

地震、台風、豪雨・・・なぜこうも続くのか。

自然災害に対し人の無力さを感じざるを得ませんが、
先の戦禍も含め「過去の出来事」を後世に伝え、
如何に災難を防ぐか、今後の防災対策に結び付けたいものです。

そんな事を考えさせられる重厚な内容でした。

一転、裏面はイベント開催の模様を写真と共に伝え、
和やかな雰囲気が伝わっています。

機関誌

事業活動が伝わる機関紙、今後もご利用をお待ちしております。

【スタッフからのコメント】

紙面構成はご依頼者様にてきれいにレイアウトされている事から、
迅速に印刷作業に取り掛かることが出来ました。

ご依頼者様のスキルの高さに感服です。

2018年11月に投稿したエビスの記事一覧

PAGE TOP

guidance電話受付メールでのご相談・お見積りはこちら